先輩看護師の声

武藤 幸奈さん

 私は地元で医療に携わりたいという気持ちが強くて、この病院に入職しました。日高徳洲会病院は、地域の中核病院で救急はもちろん急性期、慢性期と色々あってここだと多くのことが学べるのかなって。実際、本当に勉強になることが多いなって感じています。
この地域は夏は涼しくて、冬は雪が少ないとっても過ごしやすい地域だし、病院は地域の中核病院として日々、多くの患者さまを受け入れていて、色々な疾患の患者さんが運ばれてくる。様々な体験ができるし、自分のやりたいことを見つけるにはいい環境だと思います。

松本 優花さん

 この病院に入職して一番嬉しかったことは、福利厚生イベントの宝くじ「ひだとくジャンボ」です。新型コロナウイルス感染症の流行もあって色々なイベントが自粛になるなか、職員の癒しになればと考えてくれた福利厚生のイベントがとても嬉しかったです。看護師として、新型コロナウイルス感染症が流行することがないよう、感染した方が重症化しないよう全力で頑張ることは当たり前かもしれませんが、疲れは避けられません。そのなかでこのイベントは頑張るモチベーションになりましたし、福利厚生が充実しているこの病院を選んで本当によかったと思いました。

池田 昌代さん

 小さい頃は社会福祉士を目指していたんですが、友人の入院をきっかけに看護師を目指しました。最初の頃は、自分の無力さを痛感して何度もくじけそうになったけど、先輩がつきっきりでしっかりと教えてくれたので乗り越えることができました。
この病院は部署間の垣根を越えてみんな仲が良く、あったかい職場だと思います。教育も一人一人にじっくり時間を掛けて行いますし、看護師として成長するには素晴らしい環境だと思います!

篠田 知佳さん

 先輩が日高徳洲会病院で楽しくやっていると聞いて入職を決めました。入職したての頃は何が何かわからず、いっぱいいっぱいだったけど、先輩たちがとても優しくて話しかけやすいので、すぐに慣れることができました。就職して一年ですが、今は看護師として患者さんの状態を細かく観察し、小さな変化や急変を見逃すことがないよう意識して仕事できるようになりました。

 

 

ページの先頭に戻る